読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tec memo

メモです。

smtpの負荷試験

postfixサーバでの負荷試験をするために、smtp-source(postfixに内包されている) を用いた。 メールを配送したくないのであれば、smtp-sinkを使うと良い(ここでは割愛)

  • 例:

    smtp-source -s100 -m10000 -l 4194304 -f info@example.com -t info@hogehoge.com -M "example.com" -S "test mail" smtp.example.com

  • オプション

    オプション 説明
    -s SMTPセッションの並列数
    -m 送信数
    -l 送信サイズ
    -f 送信元メールアドレス
    -t 送信先メールアドレス
    -M HELOコマンドのホスト名
    -S 件名

送信元サーバが非力だと思った性能が出せないので、気をつける。